会社四季報は東洋経済新報社が発行している企業情報です。
株式投資をする際に企業の業績や財務データなどを調べた上で株を買うことをファンダメンタルズ分析といいます。
上場企業のデータを調べて株式投資時にとっても役に立つのが会社四季報です。

これを使って、投資先の会社の財務はどうなってるのか、株式の発行数などを調べることができます。 大株主の状況なぞも知ることができますよ。
色々な四季報データを見ることで、外国人投資家に好まれる株、業種や投資信託がどれぐらい買っているのかなどもわかってきます。
東洋経済新報社の記者さん達の汗と涙の結晶であるデータ集をカンペキに使えるようにしましょう。

このサイトでは、四季報の発売日や種類、ファンダメンタルズ分析や株式投資に必要な知っ得知識などをコラム形式で紹介します。(株式初心者向けですが・・・)

知ってますか?会社四季報の見方

「さぁて株式投資しよう」と思っても数千にもおよぶ上場企業の中からどの銘柄を選んでよいのか判断しかねると思います。
そこで東洋経済新報社が一所懸命に作ってくれた企業データを元に買いたい株を選んで投資するのですが、会社四季報 見方がわからない人も多いと思います。

財務データや業績などの数字を見ても株式投資初心者の人は目がテン状態になってしまうことでしょう。
私自身も初心者時代は全くどう読んで良いのかわからず、なんとな〜く数字を見て読んだ気になっていました(笑) しかし、一つずつ覚えていき四季報などの見方をマスターすれば、応用として割安株はどれなのかROEはどうなのか、この株式会社は効率よく経営を行ってくれているのかなどが手に取るようにわかるようになってくるものです。

債務超過でいつ倒産するかもわからない会社へ誤って投資し株式を買うことは怖いですし危険ですもんね。
毎日一つずつ、初めは自分の好きな企業からで良いので会社四季報に慣れていって「投資」の知識を身につけましょう!

ネット証券で四季報を見よう

昔から株式投資のバイブルと言われてきた会社四季報、とてーも分厚くて重い書籍というイメージが強いですが、今の時代はネット社会、すべてパソコンで見ることができるようになってきました。
もちろん現在も書籍版の四季報も継続発売されていていますが、PCを使っての閲覧はメリットが沢山あります。

◎企業の検索が用意、会社名や証券コードをキーボードで叩くだけ
◎大きな画面で株式情報を見ることができる
◎書籍版発売と同時に最新版に自動更新され、情報が速い(Webの場合)

「どうやってPCで見るの?」その方法も投資家同様まちまちです。
有料サービスを利用して会社四季報をWebで見る、CD-ROMを買う、DVDを利用するなど様々…

しかし、最もオススメしたいのがネット証券への口座開設です。
SBI証券をはじめとした会社四季報閲覧サービスを行っているオンライン証券への口座開設を行えば、無料で見ることができます。

現在は個人投資家の多くがネット証券での株式投資中心に行ってマス。
評判の理由はなんと言ってもネット証券会社ならではの手数料の安さでしょう。
他にもリアルタイムで株価が更新されるデイトレーダーなども使っているトレーディングツールの提供や、四季報DATAの無償閲覧サービスがあります。

ネット証券は口座開設費や維持費も完全無料の会社がほとんどなので、利用しない手はないでしょう。